Romantic Street- Rothenburg Photo Diary ロマンティック街道-写真集


On 16th we visited Rothenburg. Since it was right before Easter,  I had more fun taking photos because all stores were nicely decorated for it.
Rothenburg is one of 28 cities that belong to the Romantic Road and attracts tourists from all over the world. Although I'm also a foreigner in Germany, I was surprised how crowded the main street was.
Until Jan planned to drive to the Romantic Road this time, I was only thinking that the Romantic Road is a street of a town somewhere in Germany and famous for some reason. lol

Here you see the townscape of the Middle Ages, castles and churches in the big nature of the Alps like you turn pages of a book of fairy tale.
The Romantic Road is scenic Routes that longitudinally cross center of southern Germany.
There are 28 towns from north to south over the road which is about 350km (220mi) length comparable to between Tokyo and Osaka.
Romantic Road celebrated its 60th anniversary in 2010 from its inauguration, though, since the 19th century it continues to attract travelers for the nostalgic towns.
Because it is a very long road, the towns have many faces in the north and south. Famous Neuschwanstein Castle which is a model of Cinderella Castle is located at the foot of the German Alps of southward Romantic Road.
Small towns of Middle Ages range stretch the wide plain of the north half.
It is a good idea to go to the north side if you would like to see lovely towns and for the south side if you aim for beautiful castles

16日にローテンブルクに行って来ました。復活祭(イースター)直前だったため、どのお店もかわいいデコレーションが施されていていつにも増して観光し甲斐がありました。
このローテンブルグはロマンティック街道の一つで有名な事からここを訪れる観光客も世界各国からたくさん。
私もドイツでは外国人ですが、お土産屋さんが立ち並ぶ通りではその賑わいぶりにびっくりしました。
今回じょんがロマンティック街道に行こうと計画を立てるまで私はその通りの事をよくわかっていなくて、どこかの街にそんな名前の通りがあってワケあって人気なんだろうな程度に思っていました。それが大間違いでした。笑
上にも書きましたがこのローテンブルグはロマンティック街道の一つの通過点。
"ここには中世の町並みや、アルプスの大自然の中にたたずむ古城や教会などが、まるでメルヘンの絵本をめくるように次々と現れます。
ロマンティック街道は、南ドイツの真ん中を縦断する観光街道。東京~大阪間に匹敵する約350Km の街道上に、28ヶ所の町々が南北に連なっています。
ロマンティック街道はその発足から2010年で60周年を迎えましたが、中世の面影を残すノスタルジックな町々は、街道発足のはるか昔の19世紀以来、旅人を魅了し続けています。とっても長い街道ですから、自然も町も南北ではかなり表情が異なります。シンデレラ城のモデルとして日本でも有名なノイシュヴァンシュタイン城はじめ、優美な古城や教会が佇んでいるのはロマンティック街道南部のドイツアルプスのふもと。
中世の町並みがそっくり残る小さな町々が連なっているのは街道北半分の大平原の中です。城めぐりなら街道南側、愛らしい中世の町並みに遊んでみるなら北側を目指すのがいいでしょう。(AllAboutから)"

*If it doesn't load photos correctly, please reload this blog. 画像が読み込めないときは再読み込みをしてください。*


☟All Photos and More to Read! もっと写真を楽しんでくださいね!☟

We left home at 10am and arrived there before 12:30am. It was a comfortable car ride in the perfect weather!

午前10時に家を出て着いたのが12時半ちょい前。少しかかりましたが天気にも恵まれて快適な車の旅でした(自分は運転しない笑)。



It'll be a good memory to enjoy the same view that people in the Middle Ages had by riding on a carriage through the town.
Rothenburg's always been popular for its town where churches, gates, and old houses have been well maintained since the Middle Ages till today and known for good old German prototype.
As you see all photos here, streets are stone‐paved roads.
You can't help having fantasy on it once you know that the people walked where you're right now walking.

馬車に乗って中世の人たちが過ごした街を同じ視線から眺めるのもいい思い出のひとつになりますね。
Wikiでローテンブルグについて読んだのですが、教会や門、木組み住宅が当時のまま残っているこの旧市街は古き良きドイツの街並みとして常に高い人気があるそうです。
写真を全て見てもらうとわかると思いますが、街の通りほぼ全てが石畳です。
自分が歩いてる道も当時の人が同じように歩いたんだと思うと、歴史を感じずにはいられませんね。



You find their traditional and regional sweets called Schneeballen (=snow balls) at the lower ride of the photo. 
Thinly cut doughs in round form are fried in oil and flavored with powder sugar, cinnamon, or chocolate. 
They basically are a size as big as your fist but you can buy them in ping-pong ball size.

この写真右下のゴロゴロした丸いお菓子はシュネーバル(又は複数形でシュネーバレンと表示されていたりもします)、日本語では雪玉という名前の地域で有名な揚げ菓子です。
細く切った生地を丸い形状にして揚げ、主流の粉砂糖を振ったものをはじめ、チョコレートコーティング、チョコ+薄いアーモンドコーティング、シナモンなど味が楽しめます。
よく見るシュネーバレンの大きさは主に大人のげんこつ大くらい。
小さいものはピンポン玉くらいのものがあります。



With this, they fry Schneeballen-dough. 

こんな金属の玉に生地を入れて揚げます☟すごいですね。



As we didn't have lunch since we arrived, we came to a café to try one.
I've often heard that they eat it by breaking into pieces with a hammer and expected that she would've done it for me but she just gave me a coffee and a Schneeball. 
If you were lucky, she'd do like it. ☟

到着してからお昼ご飯を食べておらずとりあえずお腹がすいていたので通りがかったカフェで早速食べてみることにしました。
割って食べるものと聞いていたのでトンカチで割ってくれるのかと思っていましたがそのままコーヒーと渡されました。
親切なところだと(?)こんな風になるでしょう☟



Almost exactly the same size. It wasn't easy to break it down with the small fork.
The dough wasn't sweet at all. I thought they barely use sugar for the dough and make the coating sweet instead. 
Perfect with a cup of bitter coffee.


ほぼ実物大です。崩すの大変でした。
食べてみると生地の甘さはずいぶん控えめ。というかほとんど砂糖は入っていないんだろうってくらいです。
だからコーティングの方を甘めにするんだろうな、と思いました。
苦めのコーヒーと良く合います。お土産にピッタリですよ。
 



We got the chance to see Steiff teddybears!
Steiff is famous as first stuffed animal company (she made first stuffed animals) in the world. 
Me & a big one (photo)

ドイツの有名なテディベア、Steiff(シュタイフ)を取り扱っているお店がありました。
世界で初めてぬいぐるみを作ったシュタイフは世界中で人気ですね。
私も記念に是非1個ー!と思いましたが値段の迫力の方が強くてやめました笑
というわけで店頭のでっかいテディベアとツーショット。




Käthe Wohlfahrt (Christmas store where they sell traditional German Christmas decoration and articles)
here it is!
Although you find many of Käthe Wohlfahrt stores in Germany, this Rothenburg one is the head office. 
When I went to Rüdesheim with my family last Summer , we stopped by Käthe Wohlfahrt.
There was this cute car with full of Christmas present boxes in front of the store and I couldn't resist it.
One photo is a must. :)
They have about 30,000 decorations to sell here.

Käthe Wohlfahrt (ケーテ・ヴォールファート:クリスマスショップ)がありました!
ここローテンブルグのKäthe Wohlfahrtが本店です。
去年の夏に家族とルーデスハイムに行った時にも姉妹店がありました。
お店の目の前に停まっている車がさっそくかわいい!写真撮らずにはいられませんね。
このお店には約3万点のクリスマスデコレーションが販売されているそうです。


Steiff animals welcome your visit once you enter the store. 

お店に入って迎えてくれるのがシュタイフ人形であふれる可愛らしい家。



Walking up straight forward from the door of shop, we found such a brilliant beautiful small town with a huge Christmas tree down there. 
Thousands of decorations are sold in each house. It takes your breath away! O_O♡ 

お店の中を回り始めてすぐ、下の階を見渡せるところに立つと巨大なクリスマスツリーと小さい家々が並ぶ街が現れます。
それぞれの家の中にまた何百ものデコレーションが販売されています。これは圧巻。



We came out to the street again before it made us miss Christmas season more.
Jan told me that they have a large poster of this view on the wall of Narita International Airport and I thought I'd take a picture of it. 
Here are nice butcher where you can buy delicious salami and sausage sandwich, tableware shop, bakery, café, and restaurants, that make it hard for you to choose which one to enter first. 
Why not grab a fresh grilled, juicy sausage sandwich for snack and buy roasted one for souvenir? 
It can be a good idea.

なんだかまたクリスマスの季節が恋しくなったところで市庁舎通りに出てお土産屋さんを見る事に。
じょんが言っていましたが、ちょうどこの風景写真が成田空港に貼られいるそうです。
ここではおいしいサラミ、ソーセージをはじめ、可愛らしい食器を扱っているお店、パン屋さん、カフェ、レストランなどが軒を連ねていてどこに入ろうか迷います。
焼きたてのソーセージをパンに挟んで買って食べ、燻製(くんせい)のソーセージをお土産にするなんて手もありますね。



This is Town Hall of Rothenburg which is opposite side of the cafés.
What about getting married here? :D
It's an ordinary thing for people who live here to get married in it.
But it might ever make you (I already am) a bit nervous to get into this superb building.  

反対側を向いてこちらは市庁舎。
ここで結婚なんてどうですか?
もちろんここに住んでいる人は入籍手続き(を済ませて同時に結婚式もできます)はこの市庁舎で行いますから至って普通です。
でもこの建物に入るだけでもドキドキしそうですね。



When you turn left from town hall and look down the street, this is how you see it.
Here are where you can look through souvenir shops and restaurants. 
Walking down the street, I started to see soap bubbles and looked up a house. 
I found a teddybear blowing bubbles from a window and they come all down here.
How cute idea!

市庁舎から左を向き見下ろすとこちらの風景です。
ここでいろんなお店を見て回れます。
あれ、シャボン玉だ、と思ったら見上げた建物の窓からテディベアがシャボン玉吹いてました。
なんてかわいいアイディア!

The year 1900 at the same place. (from Wikipedia)

1900年当時の景色です(Wikipediaから)



Where does this street lead to?
Country of fairy-tale (Märchen), Germany.
If you have a change to fly over here, you can't miss to visit Rothenburg. 
I was again fascinated by it.

この道はどこに続くんでしょう。。
どこまでも広がるメルヘンの国、ドイツです。
もし機会があったら是非ローテンブルグへ。今回もまた初めての街に魅了されました。

xoxo
M

Comments

  1. 日本国 熊本市のFUJIWARA(tora)です(^o^)v
    ブログ拝見して 嬉しくなってしまいました、写真も綺麗だし 言葉も 好きに なりました。 これからも拝見しますね。
    宜しくお願いします。

    ReplyDelete
    Replies
    1. toraさん!コメントすごく嬉しいです!毎日は更新していませんが、どこかに出かけたり行事があったら書くようにしていますので是非覗きにきてくださいね(^ ^)w toraさんの訪問待ってます☆

      Delete

Post a Comment

Popular Posts