25th Christmas Dinner & all recipes クリスマスディナー&レシピ


On 25th we celebrated Christmas with the successful roasted duck.
Although I had no idea how it'd turn out, after the long fight (!) it gave in and came out SUPER juicy and tender that Jan was expecting (I hope he was so).
I thought duck has some particular/ unique flavor in it (we just probably feel that it has simply because we hardly eat duck.) but nothing bothered me biting having it.
Around 2pm I started to work on the duck for preparation though, since it really was my first time to face the whole bird to fast, I couldn't make even a guess of, for example, when to start preheating the oven, how long the duck should be roasted, and how to deal with the birrrrdd! ..so I ended up putting the duck back into the oven to roast twice. 
Which is why Jan was in a uniform shirt in the beginning and in a sweater later on in the pictures (end of this post ☟)
I just make notes of each steps I did to cook for someday.
I took all the photos by removing gloves while fighting with the bird. 
If you can't stand looking at raw bird (I do), scroll all the way down to the end of this post (I named it alien (sorry, duck)). 

25日の夕食は大成功の鴨でクリスマスをお祝いしました。
一体どうなるかとかなり不安でしたが格闘の末(?)ジューシー&柔らかに仕上がってくれてじょんは期待通り(と思い込もう)の鴨を食べられました。
鴨はクセがあるのかと思っていましたが(鴨そばは食べたことあるけど風味は鴨そばの方が独特)普段食べる鶏肉と同じように飽きもこなくひたすらかぶりつきました。笑
午後2時頃からのんびり仕込みを始めたのですが、鳥の丸焼きなんて全く初めてだったのでオーブンの予熱をいつ頃始めればいいとか、どれくらい焼けば中まで火が通るとか見当もつかず結局二度焼きしました。
じょんが最初、制服のワイシャツを着ていて後からセーターに変わっているのはそのせい笑 (ページ最後の写真 ☟)
初めてにしてはうまくできたので覚え書きにレシピを書いておきます。
鴨と闘いながら手袋を外しては地道に写真撮りましたのでよかったら経過も見てください。
生々しいので苦手な人は思いっきりスクロールして一番下まで行ってください。(私はエイリアン(鴨さんに失礼)と勝手に命名しました。)

More Photos 写真
☟☟☟☟☟
Stuffing:
4 sticks Celery, roughly chopped
1 medium Onion, roughly chopped
1 small Carrot, roughly chopped
2 small Green onions, roughly chopped
½ handful Parsley, roughly chopped
3 cloves Garlic, minced
120g sliced Mushroom
Olive oil
Salt & pepper to taste
Favorite herbs (oregano, rosemary)

詰め物:
4本 セロリ, 粗みじん
1個 中玉ねぎ, 粗みじん
1本 小にんじん, 粗みじん
2本 小ねぎ, 粗みじん
軽く一掴みパセリ, 粗みじん
3片 にんにく,刻む
120g 薄切りマッシュルーム
オリーブオイル
塩 粗挽き胡椒
好きなハーブ(オレガノやローズマリー)



Pour some olive oil into the pan, put garlic in, heat it up.
When it starts to smell good, toss in onion, mix well until it gets transparent with a spatula.
(I obviously had garlic and onion in the pan and drizzle the oil over it and heated it up.)

フライパンにオリーブオイルを敷きニンニクを入れ温める。
香りがしてきたら玉ねぎを入れてヘラで透明になるまで炒める。
(明らかに、既にフライパンに入れてあったニンニクと玉ねぎにオリーブオイル入れて調理してますが気にせずに。)



Toss then the rest of vegetables into it. Stir well until carrot gets cooked. Have your mushroom aside.

そうしたら残りの野菜を入れる。にんじんに火が通ったのを確認。



Dump in mushroom. Cook another a couple of minutes. Season it. Set aside and let it cool down.

マッシュルームを入れてあと2,3分炒め、味付けをして火を止め冷ます。




I was going to make sautéed red cabbage but we bought this. 
Well, it looked like we'd better buy it, correctly. 
We were at a grocery store one day and walked by a section where these bottled red cabbages are sold.
Jan asked me if we should buy it and I took this bottle in my hand and said "hm, I could make it."
"This is the best!" an old lady behind us said with a full happy face. 
We saw 3 bottles of it already in her shopping cart. "I saw this Kühne red cabbage in a commercial and tried it. It tastes wonderful! :D " she continued.
"Wow, then we should get it, right?" How could I not get one? lol 
How sweet she is. I love it when something like this happens here. It never happens in Japan, sadly. 

この紫キャベツの煮物、作る予定でしたが買いました。(紫キャベツ(Rotkohl ロートコール)をリンゴ、お酢などを入れて煮たもの。ちょうどいい酸味が肉料理によく合います。)
というか流れで買わざるをえなかったというべき、なのか。
先日スーパーにじょんと二人で行った時にこの紫キャベツの売り場を通りかかりました。
じょんが「これ買う?」と聞いてきて私が一つ手に取り「やー、作れるよ」と言ったら、「これが一番美味しいのよ!」って突然後ろから声がしました。
振り返るとおばあちゃんがいて、「こないだCM見て食べてみたらすごくおいしくてね。これが一番いい味してるわ」なんて。笑 かわいい。。
「じゃあ1個買ってみなきゃね!ありがとうございます」ということで買うことになったのでした。
こういうやり取りがすごく好き。人と目が合えばお互い微笑み合うとか、これが美味しいとか気軽に言える環境、なのか人種..?なのか。
残念ながら日本じゃまずこんなこと起きないからね。何度かやったことあるけど変な目で見られて終わりました。苦笑




Take some red cabbage from the bottle into a small pot, add 2 or 3 tablespoons of water to about 3 potions. Keep it warm.

ビンから食べたい分のキャベツを小さい鍋に開けて、約3人分くらいの量に対して大さじ2か3程度の水を加え加熱。火を止めて保温しておく。



Because it's Christmas, we've gotten all that should be on the table. :D
We found hot red wines (to heat up) at another grocery store. And they also had one for kids which is the same as one we had at Christmas market here.
So we got this bottle. No alcohol, no red face :D

クリスマスなので揃えたいもの全部揃えました。:D
駅近くのスーパーでホットワイン(温めて飲める便利なタイプ)を発見し、以前地元のクリスマスマーケットで飲んだものと同じ子ども用のものまで見つけました。
とっても美味しかったので買ってみました ^ ^* ノーアルコールでも味は同じ!



You can buy good hot red wines that we drink at Christmas markets. Too many to choose. :D

こんな風にたくさんのホットワインがスーパーに並んでいます。持ち帰って温めればクリスマスマーケットでの味が簡単に楽しめます。
たくさんありすぎて何を選んだらいいか迷いますね。



Here it is. Here it is. Here it is….
I still get nervous when it see it. If you can't stare at raw bird or..animal with no hair, just scroll allll the way down to the end, ok? I warned you.

さぁ来た。鳥。鳥鳥鳥鳥。。。
もういないのにこれ見るだけでまた緊張する笑
生の鳥…というか動物..毛無しの..が苦手な人は一気にスクロールしてページ下まで飛んでください。注意しましたよー笑


OH MAHY GAWWDD.
I "quietly" shouted in the kitchen.
Jan was still somewhere in the sky and I could be noisy as much as I wanted.
"What the hell are these arms (wings, but it just looked like a little creature for me)??!!
oh my god..oh my god..oh my god..oh my god..
Does it ever move? What should I do if it ever moves??? ×&%$`*TIH#)SLOG$)UH+*`++`O&'$%#0&$%&#….

オーマイゴッド!!!!!!!!!
極力静かにキッチンで叫びました。
じょんはまだどこかの空を飛んでいたので奇声を発しても私だけなので叫び放題。
「何この腕!(羽ですがここでは一つの生物(鴨さんごめんなさい)として見ています)
てかさ、てかさ、てかさ、てかさ、てかさ、てかさ、
動いたらどーすんの?!もし動いたらどーすんの? 飛ぶ?!」

パニック状態の時のお母さんとのLINE 笑





……………。(I half died while he's full dead.)



Imagine when I found this windpipe and pulled it out. 
I felt even sick. (sorry, duck, again)

おそらく気管。
気が飛びそうな感じね、これ見つけて引っこ抜く瞬間。

.
.
.
.
.
I did beat it. or I was beaten. Made it fill the stuffing in it.
Preheat the oven at 200℃/ 400°F.
Roast for 1:40hr.
(2,2kg of duck.)

やりましたー。
や、やられっぱなしでダメダメでしたが。。
オーブンを200度にしっかり予熱してから1時間40分焼いて中までしっかり火が通りました。
(今回2,2kg。半分骨、可食部の肉は半分いくかいかないかぐらいですね)


Be goooood…

美味しくなーれ


While waiting for the duck to get cooked, I made orange sauce.

鴨氏を待ってる間に鴨のローストにセットのオレンジソースを作りました。
初めてだから、初めてぐらい?、一通り作ってみようということで。

tiny bit Salt
2TBsp Duck oil from oven, add in Olive oil if you don't enough get duck oil.
1 Orange
20g Sugar
50ml Apple vinegar
70ml White wine or Saki
50ml Bouillon
15g Butter (option)


ほんの少し 塩
大さじ2 鴨の油(オーブンから) 足りない分はオリーブオイルで補充
1個 オレンジ
20g 砂糖
50ml リンゴ酢
70ml 白ワインかお酒7
50ml ブイヨン(小さじ⅔ 顆粒コンソメを50ml水に溶いた)
15g バター (オプションでもいい気がしました。あっても無くても。)




Peel the skin.

皮を剥く。




Cut them fine. Squeeze out the juice.

皮を刻んで果汁を搾る。



In a small pan or sauce pan, have duck oil (+ olive oil if needed) and heat up.

小さめのフライパンかソースパンに油を敷き、あたためる。




Toss in peels.

皮を入れる。




Sauté until it looks almost fried and oil soaked in peels.

炒め上げる感じでじっくり焼きます。



Add sugar to it. Stir evenly, not to burn. Prepare vinegar when sugar completely combined in peels.

砂糖を加える。ムラなく絡ませ、よく炒まったらお酢を用意する。



Hold a lid, because it splashes huge, pour the vinegar into the pan.

かなりはねるので蓋を握りお酢を投入。ソッコーガード笑




Pour orange juice into it, stir well.

果汁を加えてよく混ぜる。



White wine.

白ワイン投入。




Bouillon.

ブイヨンを加える。



Let it cook for about 1 to 2 minutes.

1,2分煮詰める。




Remove peels or strain the sauce.

こんな感じでキレイに皮をすくうか漉す。




Drop butter in it. Stir well, finished.

バターを加え混ぜたら終わり。



and duck is out of oven too! Looooook at daaaadddd.
The skin looks absolutely crispy!

やーけーたーーーー。皮のパリパリ感やばいーーーー



Gorgeous.

ごーじゃす。




Wheweeee….finally dinner time.
Have the orange sauce beside it.

この闘った感。というか空腹。
オレンジソースも忘れずに置いて。


Sooooo good.
Perfect with nicely sour orange sauce. I could've added some lemon juice too though.

たまらなく美味しい!
甘酸っぱいオレンジソースがこんなに肉と合うなんて!
少しレモン果汁入れてもいいなーなんて思いましたが最高です。
ごちそうさまでしたー☆
今日も私のブログに来てくださってありがとうございました。
ぽちっとしていただけると嬉しいです♡

So full!!
Thanks so much for coming to my blog again!
I'd appreciate your click down here that helps my blog improve.


にほんブログ村 海外生活ブログへ
xoxo
M

Comments

Popular Posts